思いつき

何でもないときにふと思いついたことをのんべんだらりと書いていこうかな~と・・・

そう、それが思いつき!

台湾旅行-7 晩御飯は中歴市観光夜市で

ロビーに戻ると友人から


「お腹空いたでしょう?
   なんか食べに行こうよ。」


「そうだね、ちょっと空いてるかな。」


「何食べたい?」


「なんでもいいよ。
  でも、夜市とか行ってみたいな。」


「あるある、近くにあるから行ってみよう!」


ホテルから少し離れたところ(約1Kmくらい)に夜市があるそうです。



タクシーに乗ってこんなところを通って


ものの5分で
中歴市観光夜市に到~着!


まずは、のどを潤します。
入口を入ってすぐにあるここ

英語も書いてあるからすぐわかりますね。
パパイヤミルク屋さん


店先にはおいしそうなフルーツがいっぱい!


写真を撮り忘れましたが、
パパイヤと牛乳をミキサーで混ぜたもの。


ちょっとドロッとした、シェイクのような感じ。
甘さも選択出来て、今まで飲んだことのないお味でとってもおいしかったです。


お次はここ
看板を見ればすぐにわかりますよね?


そうです、ナマズです!!


ナマズなんて今まで食べたことない。
でも、台湾では一般的でとってもおいしんだそうです。


せっかく夜市に来たんだからチャレンジです!


「頭と真ん中と、しっぽ。どれがいい?」


いやいや、どれがいい?って聞かれても・・・


「どこがおいしいの?」


「俺は頭のほうが好きかな?
  しっぽはコラーゲンたっぷりでぷりっぷり!
   でも、真ん中が一番食べやすいかな。」


なるほど。


頭にしようと思ったのですが、
奥様が断固拒否


じゃあ、一番無難な真ん中を。

でかっ!


普通のラーメンどんぶりサイズにドーンと入っています。
これでたったの80元です。


白身ですが、サーモンのように脂がのっていて、それでいて骨も少なくて超~おいしい!


スープも香草が効いていて、これまた今まで食べたことないお味ですが、抵抗なくおいしく飲めてしまいます。


奥様も
「スープがおいしい~!」
大絶賛です。


でも、肝心の身のほうはほとんど手をつけません。


「食べないの?」


「おいしんだけど、ちょっと脂がきつい・・・。
 これ食べちゃうとほかのものが何にも食べられなくなっちゃう。」


確かに!
言われてみれば、機内食やらなんやら今日は結構食べています。


そうこうしている間に蚵仔煎もきました。
これで60元!やっすい!!


お次は(台湾)ソーセージ
勝手な想像で辛いかな?と思っていたのですが、実は全く正反対!
甘いです。


この夜市は観光夜市とはいえ、日本のガイドブックに載っている夜市とは違うそうで、日本人はほとんどいないそうです。


いても友人のように駐在員とか、その関係者がほとんどだそうです。
なので、地元の夜市という位置づけだそうです。


そのせいでしょうか?
動物も売ってました。


ハリネズミ!


そしてウサギもいました。

さすがにこれらは食用ではなく、ペットだとは思いますが・・・・。


ただ、あまりの衝撃にこれまた写真を撮り忘れましたが、
女の人の手首よりも太い蛇が普~通に売られています。
それも食用で・・・


「食べてみる?くさいけど(笑)」


いや、さすがにそれは遠慮します。


ぶらぶらしながらこんなものも食べました。

生の落花生をゆでたもので、小袋で30元、大袋で50元


小袋で十分でしょう!
と買ったのですが、それでも多い!!
軽く500gはありそうです。


友人に


「すごいね!量、多いよ!!」


というと


「そう?こんなの台湾では普通だよ。」


確かに今まで頼んだものはすべて安くて多かったしね。


これ、友人の好物だそうです。

中に何も入ってはおらず、ホットケーキみたいな人形焼?
確かこれも30元で7~8個入っていた気がします。


これも友人の好物

鶏のから揚げに甘辛いたれがかかったもの


サイズ感は伝わりませんが、実物は手のひらよりでっかいです。
上に乗っかっているパクチーが効いています。


はい、食べすぎました。
すべて3人でシェアして食べたのですが、はっきり言って食べすぎました。


なので帰りは食後の運動を兼ねて、ぶらぶら歩きで帰ります。
すると、派手な建物が!

なんと、お寺だそうです。
派手ですね~。



そして、夜の11時になろうかというのに開いている果物屋さんにあったドリア


「97元って安いね」


「違うよ、こっちはグラム売り。
 ほら、上に1斤って書いてあるでしょ、1斤(600g)が97元ってことだよ。」


そうなんだ~
ということは、ここで持て余しているゆで落花生は1斤入り?!


台湾のパトカーも白黒なんですね。


痛車もありました。


そろそろお別れです。
友人に頼まれていたものはすべて渡したし、本人の無事も確認できました。
大けがはしているものの、元気そうでよかった。


「あとは、帰国するときに会えるかな」


「俺もこんなだからさ、明日はタクシーチャーターして一緒に回ろうよ。
 いつも使っているタクシーだと安いからさ。」


「え?大丈夫なの?!
 確かにそうしてもらえるとありがたいけど・・・。」


「じゃあ、決まり!
  ホテルに帰ってからでいいから行きたいところ教えてよ。
   タクシーの運ちゃんに行っとくから。」


「わかった。
  じゃあ、よろしくね!!」


正直、ちょっと不安だったのですが、
一転、思いもよらぬ申し出により楽しい台湾観光になりそうです。


なんてったって言葉が通じる心強い専属ガイドがいるんですから(笑)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。