思いつき

何でもないときにふと思いついたことをのんべんだらりと書いていこうかな~と・・・

そう、それが思いつき!

台湾旅行-4 いざ!台湾へ

定刻通り、搭乗手続きが始まりました。
いつの間にか集まっていた2~300人位の人だかりがみんな一斉にゲートに向かうので、もうごっちゃごちゃです。


どうせ席も決まっているし、少し空いてから行こう。
半分くらいの人がゲートに吸い込まれた頃に席を立ちます。


反対側のジェットエンジン
こちらはまだ燃料を補給中のようです。


いよいよ飛行機に乗り込みます。


窓側を期待していたのですが、席に行くと残念ながら通路側でした。

席の前にはヘッドホンと説明書、カタログなどが入ってます。


モニターもついています。


そうこうしているうちに、飛行機は滑走路に向かいます。


が、長い!
ず~っと滑走路を走っている気分です。


何分くらい走ったでしょうか。
やっと端っこにつきました。


爆音とともにどんどん加速していきます。
と同時に、機内に響くビビリ音・・・


ビリビリビリ


ず~っと鳴り続けています。
離陸しても鳴りやまず、上昇中も音は鳴り続けています・・・。


さすがに奥様も怖がっています。


おいおい、大丈夫か?
この飛行機・・・・


ドリンクの提供が始まった頃、やっと音が小さくなりましたが、
いつまでも消えないこの不安・・・



そういえば、台湾に入国するためには入国カードが必要ですが、
入国カードは機内で配ってくれます。


が、書き方がいまいちわからない。
やばい、機内じゃネットにつなげないから調べられない・・・。


仕方ない、わかる範囲で書いてダメなら入国審査の時になんか言われるだろう。


半分諦めモードで記入したのですが、
自分以上にテンパっている奥様に至っては


「〇〇chou 〇〇shi japan」と書く始末・・・・。


おいおい、都道府県が抜けてるじゃん!


もうこりゃ~書き直し決定だな。


※あとでわかったことですが、名前以外は日本語で書いてもよかったんですね。



よし、映画でも見るか


「君の名は」がやってました。

字幕が中国語と英語です。

あ、そうか!
外資系の飛行機だからか!
なんか、ちょっと感動(笑)


せっかくなので見学がてら、トイレに行ってみました。


水を流すところは「沖水」


席に戻ると機内食が配られ始めました。


そろそろ自分の番です。


客室乗務員さんが


「beef~~~~~~~、pasta~~~~~~~、~~~~~~?」


やばい、聞き取れない・・・。
料理の説明をしてくれたようですが、よくわかりません。


すると、察してくれたのか、こいつはだめだと思ったのか、


「beef&rice? or pasta?」


Ok。OK。

「ビーフ!」


「パスタはだめだ!」とどなたかのブログに書いてあったので、迷わずビーフを選択。


受け取ってみるとこんな感じ

ライスのほうを選んだのですが、そばとパンもついています。
面白い組み合わせですね。


おお、確かにビーフだ。

付け合わせを見ると牛丼というか、すき焼き丼という感じか。


うん、なかなかおいしいじゃん。
よかった、パスタにしないで。


ここまで食べて気が付きました。
箸があるのを・・・。


そして「パスタがダメだ」という意味が分かりました。


一緒についていた小鉢の日本そばが壊滅的にまずい!
くそまずい!!


ゆですぎてデロデロだし、麺がコマ切れです。
ワサビもこんもり入っていましたが、まったくワサビの香りがしない・・・。
これじゃあ、ただの緑色の練り物です。


そしてトドメは付属のめんつゆ!
これは色がついているだけ!!


うううっ、まずい・・・。
食べなきゃよかった(泣)


器を下げに来たとき、思い切って聞いてみました。


「ゆーすぴーきんぐじゃぱにーず?」


「NO!」


え?!
NO?!


ノーなの?!


名札を見せながらいろいろしゃべっています。
恐らく「自分は中国人だからわからない」と言いたいらしい・・・。


だからさっきも英語だったのか・・・。


マジか?!
友人に騙されました。


「日本から行く飛行機だから、日本語通じるから大丈夫、大丈夫。」


って言ってたのに・・・。


それでも片言の単語で飲み物のお替りと、食後のコーヒーをゲットできました。


そうこうしているうちにもうすぐ桃園空港です。


無事着陸


ついに台湾に到着しちゃいました。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。