思いつき

何でもないときにふと思いついたことをのんべんだらりと書いていこうかな~と・・・

そう、それが思いつき!

アドバイスありがとうございます。

お名前は出せませんが手術決定の記事から大変細かくご親切にアドバイス頂いています。


本当にありがとうございます。m(_ _)m




が!


そのおかげで今通っている敗(歯医)者がいかにダメな歯医者かがわかってしまい、結構落ち込んでいます。


大体このくらい(苦笑)


  


アドバイスをいただいた方とは流派が違うということで処置方法は全く違う方法もあったそうです。
(手術や処置の方法にも流派ってあるのですね。勉強になりました。)


思い起こせば20数年前も今回と同じように黒い糸で2針縫われた覚えがあり、また親知らずを抜いた時も同じように黒い糸でした。


それぞれ違う病院だったにもかかわらずです。
ということはどうやら黒い糸を使うのは地域柄という気がしないでもないのですが・・・。



まあ、今更ですが
当日は
・手術について当日になっても詳しい説明は聞いた覚えがないまま手術が終了した。
・手術をするときになって、「マーカー?」があるかどうかの確認をする。
・生検をすると決まっていたにもかかわらず麻酔後に看護師に確認をする。
・そのことを指摘すると引継ぎがうまくいっていないと「さらっと」宣う。
・術後、患者から言わないと鏡を渡してくれない。
・術後の説明でまたなるといけないのでまわりも少し切除したという。
 (えっ、事後報告?! 普通はやる前に言わないか?)
・検査結果がいつわかるかも教えてくれない。
などなど


翌日は
消毒の時は別の先生でしたが(ミスというと怒りそうなので)


「取り忘れがあるようなのですが」


というと


「切った後を縫い合わせた膨らみです。」


というがどうしてもそうは思えない。


だって術前からあるのを本人が自覚しているわけだし。
わかりにくいけど写真も撮ったし。


それともそれは粘液のう胞ではない別の何がで単純に素人の思い込みなのでしょうか。



それでも結局(面倒くさそうに)


「術前の状態を見ていないからわからない!」


で押し切られたわけですが・・・。


これだけでもダメな医者(達)というかダメな病院といってもいいような気がするがどうなんでしょうか。




いただいたアドバイスを一部引用させていただくと

治療法が複数あることを説明しなかった場合、あるいは再発の可能性の有無等が話されてなければ、説明不足を指摘されても反論は困難に感じます。 しかしながら、設備が無ければ切開する方法しか選択できず、抜糸後様子をみて判断すべきかと思います。


とのことですがそもそも切開以外の設備がなかったと思われます。
いや、マーカー?がなかったのでそれさえも満足になかったわけですが・・・。


だから何の説明もなかったのだろうと安易に想像できます。


本当はもう行きたいくないのですがとりあえず抜糸までは通ってそれ以降はできるだけ近づかないようにしたい某○○歯科医院です。


( `д´)ケッ!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。