思いつき

何でもないときにふと思いついたことをのんべんだらりと書いていこうかな~と・・・

そう、それが思いつき!

アケビの天ぷら

庭の実(アケビ)で書いたアケビは皆落ちてしまったので
これは別のアケビです。



だいぶ熟れてきています。




熟れて口のあいたアケビを収穫


自分の記憶だともっと紫が強い皮に包まれていて
中はもっとバナナみたいだった気がするがきっとそれとは種類が違うのだろう。


とりあえず中身を口にすると


うん、甘いことは甘いんだけどなんか違う・・・
もう一口口にするとなんかまだ青臭い気もする・・・。



確かに過去の記憶は美化されるとはいうものの
絶対にもっと甘かったはず!!



仕方ない、予定通り?皮の天ぷらにするか。




ということでネットでいろいろ調べたところ
1~1.5cm位に切って水にさらしてあくを抜くのがよさそうです。


30分ほどあくを抜いてからてんぷらに



調理中




こんな感じになりました。





揚げたてに塩を振って食べてみたところ
う~ん・・・・
さらに微妙・・・・・。


苦い!というほどに苦くないし、うまい!というほど味はないし・・・。



やり方がまずかったのだろうか?
それともやっぱりアケビ自体が違うのだろうか・・・。



このアケビはどうやって食べるのが一番おいしいのかどなたか教えてくださいな。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。