思いつき

何でもないときにふと思いついたことをのんべんだらりと書いていこうかな~と・・・

そう、それが思いつき!

台湾旅行-12 パワースポット龍山寺~!に電光掲示板?!

ここが台湾屈指のパワースポット、龍山寺!


のはずなんだけど、電光掲示板って・・・。


もしかして運ちゃん、間違えた?

平日とはいえ、人も少ない・・・


と思ったら、入口の右側にあった石碑

やっぱりあってました。


案内板も発見!


が、門をくぐっても、ご覧の通りで人影はまばらです。
霞海城隍廟と比べるとスッカスカ


右手には滝が流れていました。


うまく撮れませんでしたが、頭をちょこんと出して岩にへばりついている鯉が、苔を食べるために体の半分くらい岩に上ってました。
これが本当の鯉の滝登り?かな


台湾は右側通行なので入口は右側
ここから入ります。


敷居を踏まないように、左足から入りましょう!
ガイドブックの受け売りですが(笑)


入ってすぐの右手に受付の人がいて、何も言わずに線香を3本差し出してくれます。


ガイドブックには「線香7本とろうそく2本を購入」と書いてありましたが、ろうそくのお値段は書いてありましたが、線香の記述は見つけられず。
しかも3本、無料で渡してくれてるし・・・


よし、ろうそくだけ買おう。
大は20元
小は5元


ということで小さいほうのろうそくを買うことにしたのですが、10元を渡してろうそく2本を持っていこうとすると、呼び止められました。


ん?
なんか間違った?


はい、間違ってました。
1本5元と思っていたのですが、2本で5元なんだそうです。


なので、自分と奥様の分で4本持っていけとのこと。



ろうそくを三方仏に納めて線香に火をつけます。
あとは周りの人を見て、見よう見まねで参拝していきます。


ここが三方仏がある前殿


手前が本殿用の香炉、奥が前殿の香炉です。


左右にも立派な建物があります。
とても入口に電光掲示板があるようには思えません。



そしてここが本殿の香炉前
ご覧のような状態ですから、わかりますよね?

「シュツ!」


先ほど覚えた技?!を使います。(笑)


そして後殿まで来て渡された線香が3本の理由がわかりました。

ここには香炉が3つしかありません。


「だからか~」


ってことは、ガイドブックの情報が古いのか?!
それとも平日だからか?!


でもまだ後殿にいる7人の神様にお参りするのにここで線香を供えてしまうと困らないか?


よし、残りの1本は持ったままお参りしていこう!


ここでガイドブックを取り出し、お参りの順番を確認。


真ん中の「媽祖」からだな。


媽祖→水仙尊王→註生娘娘→關聖帝君→文昌帝君の順でお参りしていきます。



ここは本命の文昌帝君
特に念入りにお参りしました。


ここだけすごい人だかりで近づけない、月老神君


それもそのはず、縁結びの神様なので、みんなここでおみくじにチャレンジしていました。


自分もおみくじにチャレンジしてみたかったのですが、今さら縁結びの必要はないし、外に友人を待たしていることもあり、泣く泣くあきらめました。



ここでのミッション、お守りを買わねば!

一つ15元くらいから売っているのですが、とにかく種類が多い!
写真の倍以上のお守りが上にあり、下のショーケースにもたくさんあります。


注文するの大変だ・・・。


そ・こ・で
思いつきました!


ほしいお守りを写真に撮って注文しました。
これならしゃべらなくてもいいし、間違うこともない。


「でぃすわん あんど」


「でぃすわん あんど」


「でぃすわん!」


無事ミッションクリア!


外に出ると、左手には噴水がありました。


鯉と



例の門を出ると目の前にMRTの駅がありました。


近っ!
駅名も「龍山寺駅」というらしいし、これなら絶対迷わないな。
電光掲示板があるし。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。